映画から学ぶいろんなこと

映画を観たことで生まれた疑問や考えたことをまとめていくブログです。

【スポンサーリンク】

【日本で一番悪い奴ら】綾野剛主演映実話!稲葉事件とは?ネタばれやロケ地は?

※記事の一部にネタバレを含む可能性がございます。

「凶悪」の白石和彌監督×綾野剛の最新映画公開決定!!

山田孝之主演の【凶悪】(2013)の白石和彌監督の最新作の公開が決定しました!

主演は、『塩顏男子』の代表格、綾野剛

 
【日本で1番悪い奴ら】
監督:白石和彌 
主演:綾野剛
キャスト:中村獅童ピエール瀧木下隆行(TKO)他
主題歌:『道なき道、反骨の。』(東京スカパラダイスオーケストラfeat.Ken Yokoyama)
公開日:2016年6月25日

 

 

主演の綾野剛さんは、なんと出演オファーからわずか3日で出演を快諾したそうです!

白石監督作品だから、という理由とともに圧倒的に面白い脚本の内容から、すぐに出演を 了承したとのこと。

綾野剛さんを唸らせた、面白いストーリー、とても気になります!!

 

▼「日本で一番悪い奴ら」あらすじ▼

 日本警察史上最大の不祥事。奴らはいったい何をしたのか!?

大学時代に馴らした柔道。その腕っ節の強さを買われ、北海道警・刑事となった諸星要一。強い正義感を持ちながらも、うだつの上がらない日々を過ごしていた。ある日、署内随一の敏腕刑事・村井から刑事の“イロハ”を叩き込まれる。それは「刑事は点数。点数稼ぐには裏社会に飛び込み、S(スパイ)をつくれ」というものであった。言われるがままに“S”を率い、「正義の味方、悪を絶つ」の信念の元、規格外のヤバすぎる捜査をまっとうしていく諸星だが―。

 

 正義感溢れる警察官が裏社会に飛び込むストーリー。

生田斗真主演の土竜の唄とも被りますね。

しかし、「凶悪」で人間の「悪」をシリアスタッチで描いていた白石監督作品ですから、コメディであった土竜の唄とは全く違う物になるでしょう。

本作品は、白石監督が「この映画を撮らずに次のステージへ進めない」と言ったほど、監督の想いが詰まった作品となっているようです!

 

また、「凶悪」で第37回日本アカデミー賞助演男優賞を受賞したピエール瀧も本作品に出演するそうです。

「凶悪」での演技は某ディ◯ニーの雪だるまの声をやっていた人物とは思えないほど、恐ろしかったですよね。

他にも中村獅童など、実力派俳優が体当たりで演じる本作品、面白くないわけがありませんね。

まさかの実話!実際の事件「稲葉事件」とは?

【日本で1番悪い奴ら】は実際に起きた事件を基に作られています!
気になるストーリーを紐解く鍵となる、実際に起きた「稲葉事件」とは、いったいどんな事件だったのでしょうか?
 
【稲葉事件概要】
いつ?
→2002年
誰が?
→生活安全特別捜査隊班長、稲葉圭昭(いなば よしあき)警部(当時
何をした?
覚醒剤取締法違反容疑、銃砲刀剣類所持等取締法違反容疑

 

なんと、実在の警察官の方が逮捕された事件!!
ということは、綾野剛さん演じる警察官とは、この稲葉圭昭容疑者ということになりますね。
正義の味方である、警察官がヤ◯ザさんのように覚醒剤取締法、銃刀法の違反で逮捕されていたなんてびっくりですね。
 
ちなみに、稲葉容疑者による著書はこちら▼

 


  
いったい、なぜこんなことが起きたのでしょうか?
 

事件の背景は?綾野剛演じる犯人はどんな人?

 
▼稲葉圭昭容疑者プロフィール▼
1953年北海道門別町生まれ
学生時代は柔道部に所属
1976年北海道道警へ
暴力団捜査に携わっていた。
2001年には警部へと昇進

 

柔道経験者で、警察官へ。
まさか、覚醒剤法違反、銃刀法違反で逮捕されるような人には見えませんよね。
主演の綾野剛さん、華奢なイメージがありますが『柔道経験者』である稲葉容疑者を演じるために、激しい柔道練習など役作りを行い、クランクインからクランクアップまで、体重を10kgも増減させたそうです!綾野剛さんの気合いの入り方が伺いしれますね!
 

稲葉事件、どうして起こった??きっかけは?

稲葉容疑者は、前述の通り覚醒剤取締法違反、銃砲刀剣類所持等取締法違反で逮捕されています。
なぜ、警察官の彼がこのような犯罪に手を染めてしまったでしょうか!?
 
事件のきっかけとなったのは、1993年頃から警察庁が全国の警察へ発令した銃器摘発キャンペーンです。
平たくいえば、「銃を持っている悪い人たちかた銃器を取り上げよう!」というキャンペーン。
日本はもちろん、銃器の所持は法律で禁止されているので当然ですよね。
このキャンペーンを受けて、稲葉容疑者の所属する北海道警も銃器対策室を設置し、銃器の摘発に力を入れます。稲葉容疑者は対策室の初代捜査員として、配属されたそうです。
さて、「銃を持ってる人たち」と聞いて思いつくのは当然「ヤ○ザさん」方ですよね。
火と油の関係である警察とヤ○ザ。普通に「銃を出せ!」と言ったところで銃が摘発できるわけがありません。
そこで、稲葉容疑者は「捜査協力者」として、暴力団関係者と手を組み、銃器の摘発にあたったそうです。
稲葉容疑者は、8年間の間で約100丁の銃を押収し、警察官として「優秀」だったそうです。
そんな稲葉容疑者に上司は「稲葉! 今月も何とかならんか」と檄をとばしたそう。
摘発すれどすれど、上司からのプレッシャーがかかる日々。。
しかも、驚いたことに捜査協力者との交際費などは全て稲葉容疑者の自腹であったそうです。。
まるでブラック企業の営業マンですね。。
 
そうしたストレスの結果、稲葉容疑者は覚せい剤の密売など犯罪に手を染めてしまったそうです。。
 
もちろん、犯した罪は許されませんがこうした犯罪者を生みだしてしまった、北海道警としての「最悪」の不祥事といえる事件ですね。
 

気になるロケ地はやっぱり北海道?

映画「日本で一番悪い奴ら」の基になったのは北海道警察の不祥事、「稲葉事件」ですが、映画のロケ地は北海道ではなく、どうやら三重県らしいです。

 

 

南札幌警察署として、撮影に使用されたのは三重県桑名市桑部の桑部公民館だそうです。

 又、同市の錦通り」という繁華街もロケ地として使われたそうです。

テーマパーク「ナガシマスパーランド」で有名な桑名市、映画公開後は「聖地巡礼」してみたいですね!!

まとめ

飛ぶ鳥を落とす勢いの人気俳優綾野剛主演ということで、話題になっている「日本で一番悪い奴ら」は、実際に起こった 」を基に作られている映画です。

日本の警察の最大の不祥事ともいえる、稲葉事件は衝撃的な事件でした。

一人の警察官が犯罪者へと堕ちてしまうまでを描き、まるでブラック企業のような当時の北海道警察の体制が明らかになる本作品、公開が待ち遠しいですね!

 

広告を非表示にする

【スポンサーリンク】